1. HOME
  2. お知らせ
  3. 商業施設向け無料委託設置導入のお知らせ

NEWS

お知らせ

レンタル/FC/無料委託

商業施設向け無料委託設置導入のお知らせ

外貨両替機の無料委託設置導入について

ホテルフロント・商業施設免税カウンター向け

※Withコロナ時代への対応

外貨両替業務ご担当者さま

【Withコロナ時代の外貨両替機委託設置導入のお知らせ】

謹啓 新型コロナウイルスも、発生からまもなく1年が経過します。Withコロナ時代に突入し、感染防止のため制限していた人の移動制限も、徐々に活発化し、日本の入国規制も10月から緩和され、徐々にではありますが、インバウンド復活の兆しが見え始めてまいりました。

弊社は、1992 (平成4)年に開業し、紙幣鑑定機、パスポート鑑定機、外為相場表示装置等のインバウンド関連機材を開発・販売してまいりました。2010年からは、オンライン仕様の外貨両替機を製造し、金融機関、ホテル、商業施設等のユーザー向けに販売及び保守を行っています。

ご存じのとおり、外貨両替は技術開発により、オンライン仕様での自動化がすすみ、同時にホテル、商業施設等外貨両替を必要とする現場においては、自動外貨両替機の運営会社への外部委託化がすすんでいます。施設にとっても外貨両替機の導入は、いまや省力化、顧客利便性の向上、為替差損の回避等のメリットがあり、多くの施設でご利用いただくようになりました。

しかしながら、新型コロナウイルスの影響で入国規制が敷かれ、外国人の訪日が激減したことから、運営会社が不採算となり、中には外貨両替機を撤去する例も散見されています。2018年あたりから、運営会社の数が増え、外貨両替機が供給過剰になったことと、殆どが実務を警備会社に再委託しているため、稼働率の低下で運営を維持できなくなった模様です。

このような状況に鑑み、この度弊社では、メーカー直営による外貨両替機の委託設置導入をすすめることといたしました。メーカーの強みを発揮し、機械の製造、設置、レート配信や資金の補充・回収、円転までの運行管理に加え、コール対応、障害対応にいたるまで、すべて1社で対応します。外部委託しないことで、ローコスト化を実現し、ご契約をいただく施設からは、電話をたらい回しにされない、あるいは配分手数料が増えたと喜びの声をお聞きしています。

弊社では、さらにデジタルサイネージ、円貨両替アプリ、卓上型仕様等、様々な仕様を委託設置施設のニーズに合わせ無償対応しています。弊社推奨の最新機種「AE810-DS型」は最大12通貨対応のオンライン仕様で、ロビーへの床置きまたはカウンターへの卓上置きが可能で、操作ガイダンスは4カ国語表記、無線公衆網を使用するためLANケーブルの工事も不要です。

施設におかれましては、10月からの入国規制緩和で徐々にインバウンド回復の兆しが見えはじめ、外貨両替機の導入あるいは旧機(その他運営会社)のリプレイスをご検討される向きも多いのではと推察し、委託設置のおすすめを再開することといたしました。コロナ禍において、外貨両替では感染防止の観点から無人化、自動化、外部委託化がますます加速すると思われます。

弊社提案をご検討ください。謹白

不明点があれば、ダウンロード資料の問い合わせ先にご連絡ください。

2020年10月吉日
日本シーディーアール株式会社
FP推進事業部

最新記事