商業・宿泊施設向け無料委託設置導入のお知らせ - 外貨両替機の無料委託設置導入なら日本シーディーアール株式会社
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 商業・宿泊施設向け無料委託設置導入のお知らせ

NEWS

お知らせ

外貨両替機

商業・宿泊施設向け無料委託設置導入のお知らせ

外貨両替機の無料委託設置導入について

ホテルフロント・商業施設免税カウンター向け

※コロナ収束に向けての対応

外貨両替業務ご担当者さま

【コロナ収束に向けた外貨両替機委託設置導入のご案内】

謹啓ただいま65才以上の2回目ワクチン接種率は50%に達しています。新型コロナはデルタ株の出現により、新たな局面を迎えていますが、最近海外及び国内において効果的な治療薬も開発され、世界規模で感染防止に向けた本格的なとり組みが始まっています。

ご存じのとおり、ただいま33ヶ国でワクチンパスポートの導入が始まり、ようやく経済回復の兆しが見え始めてきたと感があります。弊社は、1992 (平成4)年に開業し、紙幣鑑定機、外為相場表示装置等のインバウンド関連機材を開発・販売してまいりました。2010年からは、オンライン仕様の外貨両替機を製造し、金融機関、ホテル、商業施設等のユーザー向けに販売及び保守を行っています。

外貨両替業務は、感染防止の観点から、自動化、外部委託化がすすみ、ホテル、商業施設業態では運営会社による無料委託設置が普及しています。外貨両替機の設置は、省力化、顧客利便性の向上に加え、インバウンド関連施設において治安のよさを示すバロメーターになっています。

しかしながらコロナ禍で、外客が激減したことから、運営会社が撤退し両替機を撤去する例も散見されています。このような状況に鑑み、この度弊社では、メーカー直営による外貨両替機の委託設置導入をインバウンド関連の皆様におすすめることといたしました。

弊社では、メーカー直営の強みを発揮し、機械の製造、設置、レート配信や資金の補充・回収、円転までの運行管理に加え、コール対応、障害対応にいたるまで、すべて1社での対応が可能となりました。外部委託しないことで、ローコスト化を実現し、ご契約をいただく施設からは、電話をたらい回しにされない、あるいは配分手数料が増えたと喜びの声をお聞きしています。

さらにコロナ禍対応として、デジタルサイネージ(情報発信)、邦人向け円貨→外貨両替アプリ、カード対応等様々な仕様を委託設置施設のニーズに合わせ提供しています。保守については、全国9箇所(札幌、仙台、関東、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄)の弊社直営事業所及びエリア代理店による技術員対応が可能となっています。両替機はオンライン端末ですが、通信機能を内蔵しているため、設置施設におけるLANケーブル等の追加工事も不要です。

本年8月、FATF対日査察の結果が発表され、日本は「重点フォローアップ国」と評価されました。今後は外貨両替機にもマネロン対策機能が求められるようになると予想されますが、弊社はメーカーとして「高額取引監視機能」「米OFAC規制対応」等のマネロン対策機能(特許出願中)を両替機に搭載しています。設置施設のコンプライアンスへの配慮でもあり、機種選定の重要なテーマと考えています。

就きましては、施設ご担当者におかれましては、本書をご覧いただき、宜しければ関係部署に回覧され、弊社提案をご検討いただけれべ幸甚に存じます。なお、すでに他社両替機を導入済みの場合は、今後のサービスの見直しに比較の意味でご利用ください。

何かありましたら、遠慮なくお問い合わせください。担当者がより詳しくご説明申し上げます。謹白

下記をクリックすることで資料ダウンロードできます。

詳細について担当からご案内いたします
下記フォームをご入力ください。

    2021年8月吉日
    日本シーディーアール株式会社
    FP推進事業部

    最新記事