社長挨拶 – 外貨両替機 日本シーディーアール株式会社
  1. HOME
  2. 会社案内
  3. 社長挨拶

COMPANY

会社案内

社長写真

新型コロナウイルスに際して。

未曾有の感染症災害に際し、謹んでお見舞い申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社は平成4(1992)年の設立で、外貨両替機、紙幣鑑定機、レート表示システム等外貨両替に関するシステム機器の開発・販売及び保守サービスを一貫して行う専門企業です。昨年までインバウンド需要の拡大で、全国の観光拠点に外貨両替機の委託設置をすすめてまいりました。

今年1月に発生した新型コロナウイルスは、日本のみならず世界規模で社会、経済に大打撃を与えています。国内では史上初の緊急事態宣言が発令され、外出自粛、海外からの入国規制等の措置により、最近感染拡大のピークは過ぎ、一部のエリアにおいては緊急事態宣言も終了し、経済活動が再開されるようになりました。

また、ご存じのとおり入国規制も緩和され、7月1日からは、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド4ヶ国についてビジネス客の入国を認めることとなりました。1日計200~250人程度の入国からで受け入れ空港は、成田、羽田、関西の3か所ではありますが、徐々にインバウンドも回復の兆しが見え始めてまいりました。

新型コロナウイルスの影響で、ホテル、バス会社、旅行会社等のインバウンド関連ビジネスにおいて廃業や転業が見受けられます。弊社においても、まさにインバウンドの真ん中に位置する業態ですが、しかしながら、ここは我慢のしどころと思い全社一丸となって新型コロナウイルスを乗り切ろうと思いを新たにしています。

弊社ユーザーの皆様におかれましても、厳しい局面が続くと思いますが、ここはお互いに協力し、この世紀の大災害を乗り切りたいと考えています。何かありましたら、遠慮なくお知らせ
ください。

日本シーディーアール株式会社 代表取締役 遠藤智彦