1. HOME
  2. 会社案内
  3. 沿革

COMPANY

会社案内

沿革

OUTLINE

沿革背景イメージ画像
1992年

日本シーディーアール㈱を設立。

1992年

日本銀行より、(旧)大蔵省告示第134号日本銀行券並びに同年4月からの改訂国債証券の鑑定装置の開発要請 を受ける。日本CDR㈱にて製造し日本銀行の本店及び全支店に設置さる。

1996年

法務省入国管理局向けにパスポート用鑑定機「CDR101型」を企画・開発要請を受け開発。

2000年

偽造チケット・商品券鑑定機SC1102型を開発。併せて偽造チケット鑑定マニュアルの発行。

2002年

偽造通貨、偽造チケットのインターネット版鑑定マニュアを開発。WEB上で最新の偽造券に関する情報(見破り方)を取得可能にし、偽造防犯に寄与する。

2004年

新東京国際(成田)空港、関西国際空港、中部国際空港などの金融機関両替所向けに人民元、ウオン対応の鑑定機を企画開発。

2006年

北朝鮮製スーパーノート(高精度偽造米ドル)を看破する高速紙幣鑑定機の企画開発に着手。

2006年

東京入国管理局(成田空港出張所)より、高精度偽造パスポート対策として、赤外線・紫外線・拡大ビデオ鑑 定機SVD2000型(日本CDR製)を開発。

2008年

某大手携帯電話通信会社より本人確認用として運転免許証、外国人登録証、パスポート等の鑑定機の企画開 発に着手。

2008年

警視庁組織犯罪対策部へ不法滞在の取締用として外国人登録証、パスポート等の鑑定機SVD2000-MS型(日 本CDR製)が設置される。

2009年

広島入国管理局より、偽造パスポート対策として赤外線・紫外線・拡大ビデオ鑑定機SVD2000-MS型が入国審査ブースへ設置される。

2010年

東京入国管理局(羽田空港支局)より、羽田空港国際線拡張に伴い、偽造パスポート対策として赤外線 ・紫外線・拡大ビデオ鑑定機SVD2000-MS型が、外国人入国審査ブースに設置される。

2011年

東京入国管理局(成田空港支局)より、成田空港国際線拡張に伴い、偽造パスポート対策として赤外線 ・紫外線・拡大ビデオ鑑定機SVD2000-MS型が、外国人入国審査ブースに設置される。

2011年

全国初の7通貨対応自動外貨両替機AE800を開発。
金融機関はじめシティホテルやショッピングモー ル等多くのインバウンド事業者に設置される。

2013年

独立行政法人国立印刷局に赤外線・紫外線・拡大ビデオ鑑定機SVD2000-MS型が、パスポートやその他印刷物 の鑑定機材として設置される。

2015年

全国初の12通貨対応売買双方向仕様の自動外貨両替機AE900(高精度鑑定機搭載)を開発し、成田空 港第3ターミナルビル設置され、増大する訪日外国人対応に寄与する。

2017年

全国両替商防犯連絡会(仮名)を設立。全国の外貨両替商と偽造外貨発見時の通報ネットワークを構築。増大が予想される偽造券の流入に対応。

2018年

関連の全国両替商防犯連絡会(JESC)にて、第1回目の「安全対策・マネロン対策セミナー」を開催。受講者は金融機関、両替商、ホテル等インバウンド関連の実務者で、講師(敬称略)は、安全対策について弊社代表の遠藤が最新の偽造券情報を紹介し、マネロン対策については財務省国際局調査課日向室長にて、主にFATF対日査察に関する注意点について講演が行われた。

2019年

台湾の紙幣鑑定機メーカーであるMasterwork Automodules社と業務提携し、同社の日本支社設立に協力し、代表の遠藤が取締役に就任する。日本への投入製品は、飲食店向け「セルフ注文・マルチ決済端末」で、注文・決済・配膳まで非対面のため、新型コロナウイルス感染防止、省力化、キャッシュレス化も期待できる。