メーカー直営!!外貨両替機のFCオーナー募集

レンタル方式の外貨両替機運営プラン

謹啓 
新型コロナウイルス渦中において、皆様には何かとご心配、かつご多忙のことと推察申し上げます。オリンピック延期や経済活動において様々な影響がでていますが、過去において感染症は、いずれも一過性でした。全員が一致協力し、一日も早く終息することを願っています。現下の状況を予知できず、弊社では、今年からフランチャイズ事業として、外貨両替機のレンタル方式FCオーナーの募集を開始しました。本来なら展示会やセミナー等で、積極的にオーナー希望の皆様にPR活動をしたいところですが、難しい状況下です。しかしながら、投資に関する情報収集を積極的に行うオーナーもおられると思い、この度Webサイト広告にて弊社プランをご案内させていただくことといたしました。何とぞ宜しくお願い申し上げます。謹白

メーカー直営だからローコストできる・・・。

リスクを徹底的に排除し、手堅い為替差益獲得を実現します。

始めやすい 年利 契約

トライアル設置実施により

投資資金は100万円~、換算利回りは平均4%、運用期間は~5年です。

稼働実績のあるホテル、商業施設の設置機を紹介します。

外客動員率が高い、観光拠点のラグジュアリーホテル、有名商業施設、空港・港、その他公共施設に両替機を設置し、メーカー直営で運行管理を行っています。

FCオーナーは弊社と賃貸契約のうえ、両替用の機内資金をご用意いただくことで、資金に応じた為替差益が得られます。

はい!資金の補充・回収、レート配信、機械の定期点検・調整は全て弊社にて対応します。FCオーナーに作業は発生しません。

それでは、レンタル方式の外貨両替機運営プランを詳しく説明します。

為替差益

ご利用客からいただく両替手数料を為替差益として受け取ることができます。為替差益には消費税がかかりません。

為替損益

手数料は仲値アンダーで設定するため、差損が発生せず、年利回り換算では平均3.82%の安定した資金運用が可能です。

機内資金

機機内資金+保証金(合計100万円から)が必要ですが、(解約時返還)オーナーの予算に応じた設置場所を探し、推奨します。

★設置場所は…

インバウンド需要が見込めるホテル、商業施設、空港など、当社が独自に開拓し、安定収益が見込める設置場所を推奨します。

★収益の安定性は…

設置後3~6ヶ月の取引額についてトラックデータを取り、その上でオーナー費用を確定します。当たり外れがないのもポイントです。

★ランニングコストは…

賃貸契約のため、賃料が発生しますが、稼働率に準じて益金を調整、オーナーが不採算にならない仕組みになっています。

外貨両替機ビジネス事業実績(モデルケース)

1口100万円~の高利回り実働実績をご紹介

*上記の実績は2019年6月~12月のものです。

メーカーならではの機械代、保守料金なしはすごい。だから元本割れリスクがなく、安定した利益が得られるんだ。

100万円から始められるのも魅力的だしな・・・。

でも、・・・

購入方式もいいかな?

  解約後中古機として売れば・・・
あ!転売市場がないんだ。
  原価償却で節税できるかな・・・
あ!利益がでてる法人用か。
  レンタル方式より為替差益が多い・・・
あ!固定費で赤字になるかも
  機械オーナーだから保守料金負担・・・
あ!オーナーは保守料金や回線  
       料金を負担するんだ。

レンタル方式か、購入方式か、お迷いですね? 確かに購入して機械オーナーになれば、より多くの為替差益を得られ、収益も大きいわけですが・・・、

見逃せない大きなリスクも

弊社がおすすめする、レンタル方式の外貨両替機(委託設置)運営プランを整理すると、次の6つにその特徴がしぼり込まれます。

なるほど。

それじゃあこのプランを整理すると

 ○レンタル方式、機械購入と保守料金なし。
 ○仲値基準だから為替差損が発生しない。
 ○解約自由で機内資金は返還、違約金なし。
 ○取扱量が下がると、レンタル費用も下がる。
 ○(100万)平均年利回3.6%で益金は36,000円/年。
 ○外客増大が国策だから、先行きが安心。

と言うことかな・・・。

よし。さっそく、問い合わせして確認してみよう。

はい!
弊社提案を閲読いただき、ありがとうございます。ビジネスプランの詳細や資料請求については下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

おわりに
ただいま、コロナウイルスの影響で訪日外国人が減少し、インバウンド関連のホテル、商業施設、その他関連事業者の皆様におかれましては、大変なご苦労をなされておられることと、ご推察かつお見舞い申し上げます。 弊社おいても、各施設に委託設置する外貨両替機の稼働率についても相当に下がっている状況です。何はともあれ、コロナウイルスについて最初に国内で終息し、続いて世界が終息に向かうことを願っています。

希望内容 (必須)