外貨両替機委託設置のオーナー募集について – 外貨両替機 日本シーディーアール株式会社
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 選べる2つのプラン(業界初、メーカー直営外貨両替機委託設置のオーナー募集)

NEWS

お知らせ

お知らせ

選べる2つのプラン(業界初、メーカー直営外貨両替機委託設置のオーナー募集)

「外貨両替機委託設置 利回り獲得プラン」
「外貨両替機委託設置 償却益獲得プラン」

新春の候 益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。さて、2020年を迎え、東京オリンピックも目前に迫って参りました。しかしながら、経済の低成長、マイナス金利、株価の伸び悩み等、資金運用は厳しい冬の時代に入っています。その中において、訪 日外国人増大とともに外貨両替をはじめとするインバウンドビジネスは急成長を続けています。

日本は少子高齢化が顕著で、政府としても税収減を懸念し、2008年に観光庁(国交省)を創設、国策としてインバウンドを強く推進するため、「観光立国日本」を宣言し、クルーズ船、国際会議誘致等の外客動員に関する様々な政策を展開しています。

昨年から今春までに、新設ホテルの開業ラッシュ(全国約320箇所)が続き、外貨両替機のニーズがますます高まっています。両替機の委託設置ビジネスは、外客の利便性を高め、かつ自動化で施設の省力化、設内消費の活性化等の経済効果をもたらします。今後も政府は外客動員数を2020年に4000万人、2030年には6000万人まで高めようと、インバウンドに関する誘致と受入にちからを入れています(観光庁官公庁アクション・プログラム2019参照)。

導入実績

弊社は2011年から、自動外貨両替機(以下、「両替機」という。)の製造・販売を開始し、法人及び個人投資家 (以下、「オーナー」という。)の皆様に購入いただき、ホテル、商業施設、公共機関への委託設置導入をすすめています。取扱量の多い老舗ホテルや大規模商業施設が多く、安定した手数料(以下、「益金」という。)ビジネスとして大変好評をいただいています。おかげさまで、現在設置台数は全国に374台の導入実績をいただいています。

2020年(オリンピック開催)を契機に、FP推進事業部を創設し、メーカー直営として両替機の委託設置ビジネスを開始することといたしました。設置先の確保はもちろんのこと、日々のレート配信、資金の補充・回収の一切について、代理店、警送会社を使わず弊社が直接対応いたします。弊社は1997年の外為自由化以前から、多くのホテルや商業施設において紙幣鑑定機を導入ただき、その実績が現在両替機のユーザー層になっています。

新プランのご提案

従来の両替機委託設置では、機械代金と機内資金及び保守料金(障害対応や資金の補充・回収他)をオーナー負担が必要でした。しかしながら、最近は外貨両替機の設置台数が増え、さらにキャッシュレス化の影響もあり、1台あたりの取扱い量が減って、オーナーが赤字になるケースが増え始めています。
以上のようなオーナーの不採算は、両替機の稼働率低下と、初期費用(機械代)、保守料金(ランニングコスト)が両替による手数料益金を上回るため発生します。そこで、弊社では新たに採算を重視した法人向けの「外貨両替機委託設置 償却益獲得プラン」と、個人向けに「外貨両替機委託設置 利回り獲得プラン」の、2パターンの委託設置ビジネスプランを考案しました。

法人向けの償却益獲得プランでは、年率40%の一般償却により償却益(税効果)が見込めます。経費処理における節税プランとして提案します(詳細については税理士にご相談下さい)。

さらに個人向けの利回り獲得プランでは、メーカーならではの提案として、機械代、保守料金を不要とする新たなプランをご提案いたします。最近両替機の設置台数が過剰気味なことと、新設開業ホテルは小規模な例が多く、取扱い量の点で、なかなか採算が合いません。そこでオーナーにおけるコスト原因を取り除き、投資金額に応じた益金を安定的に受け取れるプランを考案いたしました。

適正な費用設定

また弊社では、施設への設置後3~6ヶ月のトライアル稼働を行い、取扱い量(トラックデータ)を算定、月額アベレージをオーナーに示した上で、機内資金等について適正な費用設定を行います(公平性、安定性)。こうすることで、いわゆる当たり外れがなくなります。

2020年のオリンピック以降の見通しは 2023年IR統合リゾート(推定です。)、2025大阪万博と国際的なイベントが続きます。インバウンドビジネスとしての両替機の委託設置運行管理は、 最低でも2030年までは右肩上がりを維持するものと思われます。

昨年10月、消費税が10%に増税されましたが、外貨両替における為替差益には原則として消費税がかかりません。弊社提案をご検討下さい。敬具

■展示会出展のお知らせ
弊社では、外貨両替機の委託設置ビジネスに関する「FC」、「独立」をテーマに、下記の展示会に出展いたします。ご興味のあるかたは是非お越し下さい。また弊社事務所のショールームに実機によるデモをご覧いただけるよう、対象機種を常設展示しています。宜しければお立ち寄り下さい。

契約書サンプルバナー画像

お問い合わせは下記へ

日本シーディーアール株式会社
FP推進事業部
info@cdrjapan.co.jp
TEL03-3541-1951 FAX03-3541-1952
〒104-0061東京都中央区銀座7-15-8
銀座堀ビル4F(受付)
※常設展示室は銀座堀ビル4Fです。

最新記事